契約書・規約作成

このようなことでお困りではないでしょうか?

・大口または長期の取引をすることになったので、リスクを予防するために契約書を作成したい。
・相手方から送られてきた契約書をチェックしてほしい。
・顧客に公開する規約・約款を作成・チェックしてほしい。

このような契約書・規約作成に関する問題が生じた場合、会社自ら対処することでは有効な解決にならない場合があります。したがって、可能な限り、当該分野を取り扱っている弁護士に依頼し、または同弁護士との相談の上、適切な対処を行う必要があります。

弁護士法人あらた国際法律事務所では、かねて契約書・規約作成に注力し、これまで多数の案件を取り扱ってまいりました。
そこで、当該分野についてお困りのお客様は、当事務所までお問い合わせ下さい。

相談・ご依頼はこちら

Translate »